コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規模の経済性 merit of scale

知恵蔵の解説

規模の経済性

産業革命以来、工業の発展は工場の規模が大きくなるにつれ、より安く、より多くの物が生産できるという大量生産の技術に支えられてきた。これを規模の経済という。これに対して、同じレールを利用して旅客貨物も運んだ方が、旅客だけ、貨物だけで運ぶよりも有利なように、同じ資本設備を利用して異なる分野に進出し、共通費を節約する場合を範囲経済という。第2次世界大戦後、範囲の経済を求めて企業多角化が進んでいる。規模の経済は巨大企業を生み、産業内における企業の数を減らすという集中化傾向を生むが、範囲の経済は逆に産業内に新規企業の参入を許す。

(依田高典 京都大学大学院経済学研究科教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

規模の経済性の関連キーワードコスト・リーダーシップ戦略新しい空間経済学スケールメリットバス(自動車)5フォース分析クルーグマンミクロ経済学銀行行動理論単一事業企業範囲の経済性電気事業法産業組織論農業技術銀行再編交通事業装置産業専業企業参入障壁自然独占電気事業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android