規模(読み)キボ

デジタル大辞泉「規模」の解説

き‐ぼ【規模】

物事の構造・内容・仕組みなどの大きさ。「雄大な規模の構想」「地球規模の環境汚染」
手本。模範。
「国家の御宝、末代の―なり」〈盛衰記・二六〉
かなめ。眼目。
「松が咲きけりといふ言葉、この松が崎の能に―なれば」〈申楽談儀
名誉。面目。
「氏族の―とする職なれば」〈太平記・一〇〉
甲斐かい。ききめ。成果。
「勘当をゆるされねば、伝授しても―がない」〈手習鑑
報い。代償。
「その代はり、十分おもいれお骨折りの―はしやす」〈人・梅美婦禰〉
根拠。証拠。
「大名の家に宝なくて家督の継ぎ目は何を以て―とする」〈浄・苅萱桑門
[類語]スケール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「規模」の解説

【規模】きぼ

ぶんまわしと、かた。構造。手本。気概。〔三国志、胡質伝〕(質)大略はばざるも、良綜事に至りては之れにぐ。

字通「規」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android