規模(読み)キボ

デジタル大辞泉「規模」の解説

き‐ぼ【規模】

物事の構造・内容・仕組みなどの大きさ。「雄大な規模の構想」「地球規模の環境汚染」
手本。模範。
「国家の御宝、末代の―なり」〈盛衰記・二六〉
要(かなめ)。眼目。
「松が咲きけりといふ言葉、この松が崎の能に―なれば」〈申楽談儀
名誉。面目。
「氏族の―とする職なれば」〈太平記・一〇〉
甲斐(かい)。ききめ。成果。
「勘当を赦(ゆる)されねば、伝授しても―がない」〈浄・手習鑑
報い。代償。
「その代はり、十分(おもいれ)お骨折りの―はしやす」〈人・梅美婦禰〉
根拠。証拠。
「大名の家に宝なくて家督の継ぎ目は何を以て―とする」〈浄・苅萱桑門

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android