コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視覚障害者サッカー しかくしょうがいしゃさっかーblind football

知恵蔵の解説

視覚障害者サッカー

視覚障害のある4人の選手と、1人の晴眼または弱視ゴールキーパーチームを編成。選手は相手ゴール後ろに陣取るコーラーや監督の指示、の出る特別製のボールの音、サイドラインに立つフェンスにボールが当たる音などを頼りプレーする。音に対する選手の素早い反応に加え、チーム内でいかにコミュニケーションをとり、連係してプレーするかが勝負の鍵となる。2004年アテネ大会からパラリンピック種目。日本には01年に紹介され、06年現在、全国で約10チームが活動している。

(藤田紀昭 日本福祉大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

しかくしょうがいしゃ‐サッカー〔シカクシヤウガイシヤ‐〕【視覚障害者サッカー】

ブラインドサッカー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

視覚障害者サッカーの関連キーワード視覚障害

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視覚障害者サッカーの関連情報