親指の指輪(読み)おやゆびのゆびわ

世界大百科事典内の親指の指輪の言及

【指輪∥指環】より

…中指に指輪をはめない風習は16世紀ころにも残っていたし,親指や指の関節の先にはめる習慣も残っていた。〈親指の指輪thumb ring〉は14~17世紀の風習であった。17世紀ころから宝石をみがく技術が発達したので,色のある宝石が指輪に用いられ,18世紀には多面形にみがいたダイヤモンドが宝石の王座を占め,指輪にも用いられるようになった。…

※「親指の指輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android