コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親油性 しんゆせい

大辞林 第三版の解説

しんゆせい【親油性】

脂肪や油に溶けやすいこと。分子中の炭化水素基と油などの炭化水素骨格とが親和力をもつことによって生ずる性質。親油性の物質は一般に疎水性である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

親油性の関連キーワードペーパークロマトグラフィードライクリーニングフッ化アルキル界面活性剤リトグラフソルビタンパンケーキ炭化水素基ロート油炭化水素平版印刷油性白粉親和力可溶化HLB乳化剤ミセル油脂顔料平版

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android