角度測定器(読み)かくどそくていき

世界大百科事典内の角度測定器の言及

【ゴニオメーター】より

…角度測定器。(1)X線,中性子線回折で使われる基本的装置。…

【測量】より


[角度]
 角度の測定は比較的容易であることから,望遠鏡の発明以来,数学の発展とあいまって現在に至るまで広く用いられている。角度測定器として一般に用いられているものは経緯儀である。経緯儀は重力またはこれに垂直の方向を基準として整準し,この状態で付属望遠鏡を2点以上の目標に向け,その間の水平角を,また各点の鉛直角(高度角)を目盛盤上で読みとるものである。…

※「角度測定器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる