角根ボルト(読み)かくねぼると

世界大百科事典内の角根ボルトの言及

【ねじ】より

…円筒を利用して間隔を保つもの,ボルトと一体となったつばで間隔を保つものなどがある。 角根(かくね)ボルト機械や構造物を木材にとめるためのもので,木材にあけた下穴に通したとき,回り止めの役目をする四角断面部を首下にもつ。頭部が平らな(さら頭)ものもある。…

※「角根ボルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報