角速度ベクトル(読み)かくそくどべくとる

世界大百科事典内の角速度ベクトルの言及

【角速度】より

…半径Rの円周上を速さVで動く点が円の中心に対してもつ角速度ωはω=V/Rである。広がりをもつ物体の回転運動は,各瞬間の回転軸とそのまわりの角速度の大きさωで与えられるが,これを大きさがωで,回転軸の回転方向に右ねじを回したとき右ねじの進む向きを方向とするベクトルで表すことが可能で,これを角速度ベクトルという。速度ベクトルと異なり,角速度ベクトルは,なにかある時間変化するベクトルを時間で微分したものとして表すことは一般には不可能である。…

※「角速度ベクトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android