コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解雇権 かいこけん

世界大百科事典内の解雇権の言及

【労働法】より

…労働者が組合を結成し,使用者と団体交渉を行うことはかかる労働者の従属性を克服し,事実上も使用者と対等平等な立場に立つことを目ざすものである。また歴史的にも労働組合が労働条件の改善と並んで雇用保障をまず要求したのは,こうした従属性をもたらす一因となっている使用者の解雇権,すなわちいかなる理由によっても,理由の有無にかかわらず使用者は労働者を解雇できるという自由を制限することにより,労働者の従属性をより合理的なものにしようとする意図があったのである。協約自治の推進と並んで,各国の労働法がなんらかの形で使用者の解雇権を制限しようとしているのは,一つには解雇の恐怖の下での合理性のない従属をなくすことにより労使の実質的平等を確保しようとするものである。…

※「解雇権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

解雇権の関連キーワード公益通報者保護法解雇権濫用の法理解雇権乱用法理解雇協議条項労働基準法解雇の事由労働契約法解雇ルールショップ制労働慣行労働契約雇い止め労働法雇止め解雇

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解雇権の関連情報