コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誇りは永遠に

1件 の用語解説(誇りは永遠にの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

誇りは永遠に

英国の作家ギャヴィン・ライアルの冒険小説(1999)。原題《Honourable Intentions》。「ランクリン大尉」シリーズ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誇りは永遠にの関連キーワード裏切りの国影の護衛クロッカスの反乱拳銃を持つヴィーナス砂漠の標的死者を鞭打て深夜プラス1スパイの誇り誇りへの決別本番台本

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone