誘導物質(読み)ゆうどうぶっしつ

大辞林 第三版の解説

ゆうどうぶっしつ【誘導物質】

動物の発生過程において、形成体に含まれて器官・組織の分化を導く作用をもつと考えられる物質。
細胞に加えることによって、多量の誘導酵素を生成させる作用をもつ物質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の誘導物質の言及

【誘導酵素】より

…前者の場合,リプレッサーと呼ばれるタンパク質がβ‐ガラクトシダーゼなどの遺伝子発現を抑制しているが,ラクトースが環境中に存在する場合,ラクトースとリプレッサーが結合し遺伝子転写の抑制が解除される。これを酵素の誘導といい,ラクトースのような物質を誘導物質inducerと呼ぶ。ところで,ラクトースとグルコースが培養液中に共存している場合,酵素の誘導は起こらずもっぱらグルコースが消費され,ラクトースはそのまま残る。…

※「誘導物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誘導物質の関連情報