コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導物質 ゆうどうぶっしつ

1件 の用語解説(誘導物質の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ゆうどうぶっしつ【誘導物質】

動物の発生過程において、形成体に含まれて器官・組織の分化を導く作用をもつと考えられる物質。
細胞に加えることによって、多量の誘導酵素を生成させる作用をもつ物質。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の誘導物質の言及

【誘導酵素】より

…前者の場合,リプレッサーと呼ばれるタンパク質がβ‐ガラクトシダーゼなどの遺伝子発現を抑制しているが,ラクトースが環境中に存在する場合,ラクトースとリプレッサーが結合し遺伝子転写の抑制が解除される。これを酵素の誘導といい,ラクトースのような物質を誘導物質inducerと呼ぶ。ところで,ラクトースとグルコースが培養液中に共存している場合,酵素の誘導は起こらずもっぱらグルコースが消費され,ラクトースはそのまま残る。…

※「誘導物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

誘導物質の関連情報