コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察学 けいさつがく

世界大百科事典内の警察学の言及

【警察国家】より

…転じて,警察が,市民の日常生活のすみずみにまで介入・干渉するような国家のこと。警察国家の観念は,16世紀半ばから18世紀末にかけてドイツ・オーストリアに発達した官房学Kameralwissenschaftのなかから,当時のプロイセンに典型的な絶対君主を後見人とする国家が〈公共の福祉〉の名のもとに〈一切の内的事務の処理〉にあたり国民に恩恵をほどこすという警察学Polizeiwissenschaftが生まれてくることによって形成された。その根本思想は〈幸福促進主義的福祉国家観eudämonistische Wohlfahrtstaatstheorie〉ともよばれるように,国家行政機関・官吏が君主の権威を自己に反射させて国民に対して何事をもなしうるとするものであり,名目的には農業・土木・教育振興等慈恵的なものであったが,その内実は絶対君主に対する一切の批判・抵抗を排除・挫折せしめる治安国家的なものであった。…

※「警察学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

警察学の関連キーワードウラジーミル ルシャイロ具志川(旧市名)もりた なるお海上保安大学校皇宮警察本部ビギナーズ!高野 佐三郎二葉亭四迷安藤姑洗子山川 泰邦聖エルモ砦警察大学校警察学校青木真也警察国家比嘉康雄サーガルスカブミ皇宮警察山川泰邦

警察学の関連情報