豊島屋(田楽)(読み)としまや

世界大百科事典内の豊島屋(田楽)の言及

【田楽】より

…東海道では近江の石部・草津間の目川(めがわ)の茶屋が,菜飯(なめし)田楽と呼んで売ったものが評判で,これは〈目川(女川)菜飯〉を称する店を各所に続出させた。ほかに江戸では真崎(まつさき)稲荷(現,荒川区南千住3丁目)境内の田楽茶屋,および神田鎌倉河岸の酒店豊島屋のものが名高かった。前者は美味をうたわれた吉原豆腐を用い,後者は自店で豆腐をつくり,それをすべて田楽にして店頭の立飲み客に売ったもので,大きいところから大田楽の名を得て人気があり,〈真崎で豊島屋を云ふ下卑たこと〉という川柳がある。…

※「豊島屋(田楽)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android