コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田亮 とよだ りょう

2件 の用語解説(豊田亮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田亮 とよだ-りょう

豊田天功(とよだ-てんこう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊田亮

没年:元治1.1.21(1864.2.28)
生年:文化2(1805)
江戸時代後期の漢学者,歴史家,水戸藩士。常陸国久慈郡坂之上村(茨城県日立市)に生まれる。藤田一正の高弟で,文政1(1818)年,14歳で扶持を給与された。天保12(1841)年彰考館に入り,『大日本史』志類の編纂に絶倫の気力をもって立ち向かい,仏事志・氏族志・食貨志・兵志・刑法志・職官志の稿本を整備した。藩内の抗争により禁固処分になり,対外関係の史料編纂にも精力を割かれ,志類編纂に専念できた時期は,わずか6年程度にすぎないものの,貢献すること多大。<著作>『北島志』『北虜志』『靖海全書』<参考文献>吉田一徳『大日本史紀伝志表撰者考』

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田亮の関連キーワード歴史家日下寛島男也鈴木黄軒館天籟富永漸斎鳥居瀬兵衛内藤耻叟子日小松森観斎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone