コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田天功 とよだ てんこう

4件 の用語解説(豊田天功の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

豊田天功

儒者。名は亮、通称彦次郎、号は松岡。水戸の人。水戸藩彰考館総裁。藤田幽谷に師事。漢籍国典に通じた。復古学派。著書に『烈公行実』『論語時習録』等がある。元治元年(1864)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田天功 とよだ-てんこう

1805-1864 江戸時代後期の儒者。
文化2年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藤田幽谷(ゆうこく)らにまなぶ。彰考館で「大日本史」編修にあたり,安政3年総裁。ペリー来航後「防海新策」などをあらわし,欧米諸国の脅威と海防の重要性を説いた。文久4年1月21日死去。60歳。名は亮。通称は彦次郎。号は松岡,晩翠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とよだてんこう【豊田天功】

1805‐64(文化2‐元治1)
江戸後期の水戸藩の学者。常陸国久慈郡坂之上村(現,里美村)の庄屋豊田信卿の子。諱(いみな)は亮(たすく)。彦次郎と称し,松岡と号する。天功は字。藤田幽谷の門人。1820年(文政3)史館彰考館見習。一時郷里に帰ったが41年(天保12)再び彰考館に入り,《大日本史》編纂に従事して顕著な功績を残した。56年(安政3)から彰考館総裁。またペリー来航後《防海新策》《北島志》を執筆,海防の重要性を説いた。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とよだてんこう【豊田天功】

1805~1864) 江戸末期の儒学者。常陸の人。名は亮、号は松岡・晩翠。天功は字あざな。水戸藩彰考館総裁。藤田幽谷門人。「大日本史」の編纂に従事した。著「中興新書」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田天功の関連キーワード水戸光圀中山信名茨城県久慈郡茨城県久慈郡大子町左貫木村謙次立原音吉照山修理豊田亮西宮秀望月恒隆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone