貝歌(読み)かいうた

世界大百科事典内の貝歌の言及

【歌貝】より

…なお,現在,歌を書いた貝を一般に歌貝と呼んでいる。室町時代の《宣胤卿記》などに,貝の裏に歌や詩を書いて貝歌と呼び,揮毫(きごう),贈答に用いたとあるが,江戸時代の文献には歌貝は歌がるたとして別に記している。歴史的には詩歌が書かれた貝覆の貝が,のちに歌がるたに移行していったことは十分に推測できるものの,現存するものは絵を描いた貝だけで,詩歌を書いた貝は残されていない。…

※「貝歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる