コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝製首飾 かいせいくびかざり

世界大百科事典内の貝製首飾の言及

【貝貨】より

…このような貴重品としての貝貨は,(1)ある社会関係,例えば結婚,秘密結社への入信,部族間の政治同盟を生みだすために,(2)社会関係のなかの不和を解消するために,例えば祖先への寄進として,あるいは殺人や侮辱に対する償いとして,(3)上位の社会的地位を創出したり象徴化したりするために,例えばポトラッチの贈与物として,あるいは重要人物,首長,王が蓄積し再分配する奢侈(しやし)品として,みせびらかしたり,贈ったり,再分配したりする物品にほかならない。ロッセル島の赤貝製首飾,トロブリアンド諸島で行われるクラ価値物としての赤貝製首飾と白貝製腕輪,ソロモン諸島のカキの貝殻製首飾,ヤップ島の真珠貝貨などオセアニアの島々で広く見られ,北アメリカのイロコイ諸族,アルゴンキン諸族でも貝製数珠玉を多数紐に通した貝貨が知られている。タカラガイ【牛島 巌】。…

※「貝製首飾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

貝製首飾の関連キーワード出アフリカ説多地域進化説

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android