コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財投 ざいとう

3件 の用語解説(財投の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

財投

国が政府系金融機関や公団などの特殊法人に資金を投資、融資する制度のこと。財政投融資の略称。資金源には、税金や国債を用いない。従来は資金運用部特別会計という枠組みの中で、郵便貯金や公的年金積立金を主な資金源に用いていた。しかし、バブル崩壊後、政府機関の縮小が提唱されたことに起因し、2000年、市場から独自に資金調達する変革が行なわれた。特殊法人は自己責任のもとに財投機関債を発行し、資金を調達することが原則となった。しかし実際は、資金運用部に代わって発足した財政融資資金特別会計が財投債を発行し、財投機関債を賄っている。財投債の大半は郵便貯金や、公的年金積立金が引き受けているため、従来の財政投融資はまだまだ残存しているといわれている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざいとう【財投】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

財投の関連情報