買入順法(読み)かいいれじゅんぽう

世界大百科事典内の買入順法の言及

【先入先出法・後入先出法】より

…いずれも代替性をもつ棚卸資産に関して,価値の流れを実際の物の流れと切り離して,〈受入順に〉または〈受入順とは逆に〉売り上げられるという仮定に基づく計算方法である。おのおのの性質から,先入先出法は買入順法,後入先出法は買入逆法ともいわれる。棚卸資産の価格が一定の場合は,いずれの方法でも売上原価と期末棚卸高とはともに同じ額になるが,価格が変動する場合に違いがでる。…

※「買入順法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android