コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質量公式 しつりょうこうしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

質量公式
しつりょうこうしき

原子質量公式」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の質量公式の言及

【原子核】より

B(A,Z)をc2で割った量が質量欠損である。原子核の結合エネルギーと質量数や陽子数との関係を与える式を(原子)質量公式といい,非常に軽い原子核(A≾10)を除き,その結合エネルギーの質量数Aと陽子数Zによる変化は近似的に,次のようなワイツゼッカー=ベーテの公式で表される。各項の係数は,Mevを単位として b(体積)=16,b(表面)=17, b(クーロン)=0.7,b(対称)=50である。…

※「質量公式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

質量公式の関連キーワードワイツゼッカー(Carl Friedrich von Weizsäcker)カール・フリードリヒ・フォン ワイツゼッカーヴァイツゼッカー‐ベーテの式ワイツゼッカー‐ベーテの式オッド‐ハーキンスの法則SU(3)対称性ゲル=マンの関係結合エネルギーシュースの法則アストンの法則ワイツゼッカー不安定原子核原子質量原子核ベーテ