赤み(読み)あからけみ

精選版 日本国語大辞典「赤み」の解説

あからけ‐み【赤み】

(形容詞「あからけし」の語幹に「み」の付いたもの) 赤みを帯びているので。
※古事記(712)中・歌謡「櫟井(いちひゐ)の 丸邇(わに)さの土を 端土(はつに)は 膚阿可良気美(アカラケミ) 底土(しはに)は に黒きゆゑ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「赤み」の解説

あか‐み【赤み】

赤がかった色。また、赤い度合い。「顔に赤みがさす」「赤みがかった茶色」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android