赤み(読み)あからけみ

精選版 日本国語大辞典「赤み」の解説

あからけ‐み【赤み】

(形容詞「あからけし」の語幹に「み」の付いたもの) みを帯びているので。
古事記(712)中・歌謡「櫟井(いちひゐ)の 丸邇(わに)さの土を 端土(はつに)は 膚阿可良気美(アカラケミ) 底土(しはに)は に黒きゆゑ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「赤み」の解説

あか‐み【赤み】

赤がかった色。また、赤い度合い。「顔に赤みがさす」「赤みがかった茶色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android