コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶色 ちゃいろ

色名がわかる辞典の解説

ちゃいろ【茶色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの黄赤」としている。一般に、の葉を使った染色の色で、やや淡い褐色のこと。色の示すイメージは幅広い。茶が中国から伝わったのは平安時代だが、染料として用いるようになったのは室町時代とされ、流行色となったのは江戸時代。奢侈しゃし禁止令のなかで、茶色系統、鼠色系統、紺色系統は許されたこともあり、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど、多彩な茶色が誕生した。染料も多様になった。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐いろ【茶色】

黒みを帯びた赤黄色。茶。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃいろ【茶色】

黒色を帯びた赤黄色。また、黄赤系統の色の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

茶色の関連キーワードフォックスブラウンバルチックブラウンブラウンパーラーコーヒーブラウンバーントアンバー海松茶・水松茶エンペラドールリラジェライスチョコレート色ポリクローム茶染め・茶染ラングドック室町時代江戸時代平安時代茶っぽいブラウン焦げ茶色枯ら茶駱駝色

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶色の関連情報