茶色(読み)ちゃいろ

精選版 日本国語大辞典「茶色」の解説

ちゃ‐いろ【茶色】

〘名〙
① (形動) 黒みを帯びた赤黄色。うす色、赤茶色、こげ茶色などの総称。また、そういう色であるさま。ちゃ。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)下「名にし負はばちゃいろこそあれ赤裏の頭巾肩衣著るを云ふなり」
※洒落本・辰巳之園(1770)「浅黄(あさぎ)むくの下着、茶色(チャイロ)の帯」
② 色茶屋につとめる女性。茶屋の色女。
※浮世草子・商人職人懐日記(1713)四「音に聞し新町を見しに、さりとは茶色とは増り草の、ゆかりの末の局迄も」

ちゃいろ‐・い【茶色】

〘形口〙 茶色である。茶色をしている。
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉アンナ・ガールキナ「黄色味がかった茶色い擂鉢(すりばち)のような食器の中に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

色名がわかる辞典「茶色」の解説

ちゃいろ【茶色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの黄赤」としている。一般に、を使った染色の色で、やや淡い褐色のこと。色の示すイメージは幅広い。茶が中国から伝わったのは平安時代だが、染料として用いるようになったのは室町時代とされ、流行色となったのは江戸時代奢侈しゃし禁止令なかで、茶色系統、鼠色系統、紺色系統は許されたこともあり、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど、多彩な茶色が誕生した。染料も多様になった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android