コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤羽橋 あかばねばし

世界大百科事典内の赤羽橋の言及

【飯倉】より

…近世には虎ノ門から三田,品川宿に至る往還沿いが早くに町場化し,飯倉1~6丁目,狸穴(まみあな)町,片町,永坂町が1662年(寛文2)に町奉行支配となり,さらにその周辺が寺社地や武家地となった。飯倉2~3丁目の境を四辻といい毎年7月12日に草市が開かれ,同5丁目に続く赤羽橋際は魚商人が毎朝いっとき商い見世を開くため俗に赤羽ちょろ河岸といった。またこの近くに1859年(安政6)外国人旅宿が置かれた。…

※「赤羽橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

赤羽橋の関連キーワード下曽禰金三郎下曾根金三郎佐々木只三郎人形町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤羽橋の関連情報