コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越城の禁 えつじょうのきん

世界大百科事典内の越城の禁の言及

【中国法】より

…最初はその法律が習慣法で,支配層に有利に運営されたため,その弊を去るためしだいに成文法が用いられ,あるものは銅鼎に銘文として彫りこまれ,あるものは竹簡に書かれた。都市国家時代には領土という観念が稀薄で,人民の居住地の周囲の城郭がすなわち国境であり,城門によらずして,城郭を乗り越えることは厳重に禁止されたが,これが長く後世に残って越城の禁と称せられた。 都市国家は春秋時代の攻戦によって,弱肉強食が行われた結果,大都市が小都市を併合し,戦国時代に入ると強大な専制君主権力の下に領土国家が成立し,いわゆる七雄国対立の形勢が続いた。…

※「越城の禁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android