コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹼足 ぼくそく

大辞林 第三版の解説

ぼくそく【蹼足】

鳥の足指(趾)に角質膜の水かきがあること。蹼足・全蹼足・欠蹼足・半蹼足がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蹼足の言及

【水かき(蹼)】より

…カエルや水鳥,カワウソなど一部の哺乳類などにあって,遊泳や潜水の際に水をかくのに役だつ。鳥類の足指は,水かきの発達の程度によって,全蹼足(ぜんぼくそく)totipalmate(4本の指が全部水かきでつながる。ペリカン目のみ),蹼足palmate(前3本の指が水かきでつながる。…

※「蹼足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蹼足の関連キーワード水かき(蹼)水かき/蹼全蹼足半蹼足水かき足指

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android