軟屛風(読み)なんびょうぶ

世界大百科事典内の軟屛風の言及

【屛風】より

…これが今日につながる日本式屛風であるが,外国人にも珍重されて室町時代以来,明,朝鮮,スペイン,ポルトガルなどへもさかんに輸出された。明では軟屛風といって,おおいに珍重されたというが,ポルトガルではビョンボbiomboといって,そのままポルトガル語にまでなったという。屛風は使われ方からみると,古代には主として間仕切り用,儀式用として用いられていたが,中世から近世にかけては装飾用として,また鑑賞用として用いられ,江戸時代からは庶民階級にも用いられるようになった。…

※「軟屛風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android