軟部外耳道(読み)なんぶがいじどう

世界大百科事典内の軟部外耳道の言及

【外耳】より

…【田隅 本生】
[ヒトの外耳]
 ヒトの外耳は,体外に突出した耳介と,体内で約2.5cmの深さをもち鼓膜に連なる外耳道とからなる。外耳道は,軟骨に囲まれ後方に向かう軟部外耳道と,骨に囲まれ前方に向かう骨部外耳道とがある。 耳介は音を集め,音の方向決定に役だつといわれているが,人間では動耳筋が痕跡化しており,あまり作用をもたない。…

※「軟部外耳道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android