転輪羅針儀(読み)テンリンラシンギ

世界大百科事典内の転輪羅針儀の言及

【羅針盤】より

…自差修正を行った場合でも,修正した地点でだけ有効であり,また偏差や地方磁気のため真北は指示しない。
[ジャイロコンパスgyrocompass]
 転輪羅針儀ともいう。3軸の自由度が与えられた〈こまgyro〉を高速で回転させると一定方向を指し続けるが,このようなこまの一つの軸(水平軸)に関してだけ地球重力による抑止力を作用させると,地球の自転運動の影響からこまの回転軸は子午線の方向を指示する。…

※「転輪羅針儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android