コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪樏 ワカンジキ

デジタル大辞泉の解説

わ‐かんじき【輪×樏】

木・竹・蔓(つる)などを輪にしてつくったかんじき。わかん。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わかんじき【輪樏】

かんじき。わかん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の輪樏の言及

【雪】より

…これは藁製で保温力があり,積雪の硬軟深浅に応じて地方ごとに種々のくふうがなされている。軟らかく深い雪中を歩くためには,木の枝をたわめた輪樏(わかんじき)または雪輪と呼ぶ履物が用いられ,これにも使用目的と雪質に応じた種々の形式のものが知られている。荷物を雪上で運搬するには橇(そり)が用いられたが,湿った雪の多い日本では人が乗って滑るスキーのような道具の発達はなかった。…

※「輪樏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輪樏の関連キーワード

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android