コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かんじき

橇とも書く。積雪に足を踏込んだり,滑らないように靴やわら靴の下に着用する特殊なはきもの古名を「かじき」といい,木の枝を曲げてつくり,カズラなどで鼻緒を編み,ヤマウルシの肉づきの皮で巻き固めた。木の爪がついたものや鉄製のものもある。現在も登山用などに使われ,輪かんの名で呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かんじきの関連情報