コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かんじき

橇とも書く。積雪に足を踏込んだり,滑らないように靴やわら靴の下に着用する特殊なはきもの古名を「かじき」といい,木の枝を曲げてつくり,カズラなどで鼻緒を編み,ヤマウルシの肉づきの皮で巻き固めた。木の爪がついたものや鉄製のものもある。現在も登山用などに使われ,輪かんの名で呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かんじき
かんじき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

かんじきの関連キーワードオオカメノキ(大亀の木)わらぐつ(藁沓∥藁靴)八甲田雪中行軍遭難事故雪ぐつ(雪靴∥雪沓)檜枝岐の山人工芸品ノウサギ(野兎)かんじき(樏)輪【かんじき】【かんじき】スノーシューエスキモークマヤナギそり(橇)アイゼンガマズミ履き物スキー樏・橇すがり田下駄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かんじきの関連情報