かんじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かんじき

橇とも書く。積雪に足を踏込んだり,滑らないように靴やわら靴の下に着用する特殊なはきもの古名を「かじき」といい,木の枝を曲げてつくり,カズラなどで鼻緒を編み,ヤマウルシの肉づきの皮で巻き固めた。木の爪がついたものや鉄製のものもある。現在も登山用などに使われ,輪かんの名で呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐じき【・橇】

〘名〙 (「がんじき」とも) 雪国で、深雪中に足を踏込まないように、靴、わら靴などの下につける道具。木枝、つるなどを円形や楕円形に作ったもの。滑らないように木爪をつけたものや、凍雪用、登山用には鉄製の爪をつけたものもある。がんぜき。《季・冬》
※太平記(14C後)一八「深雪に(カンジキ)をも懸けず」

かん‐じき

〘名〙 日本海沿岸地方で、和船の中棚をいう。
※年々留‐文政一一年(1828)二月二八日「廿八日当浜材木場はせ上申候、丁・かん敷痛申に付作事致」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かんじきの関連情報