農幕(読み)のうばく

世界大百科事典内の農幕の言及

【舎音】より

…起源は不明であるが,李朝後期の宮房田の管理人に端を発し,それが一般の地主所有地にも置かれるようになったとする説が有力である。平安道,咸鏡道では舎音という名称は用いられず,小作地管理人のことを農幕,首作人などとよんだ。舎音は,地主と直接生産農民の間に介在して中間収奪を働くことが多く,その利益の大きさは,致富の手段として〈一に舎音,二に面長(村長),三に郡守〉という言葉が流布していたことからもうかがえる。…

※「農幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android