農業生産合作社(読み)のうぎょうせいさんがっさくしゃ

世界大百科事典内の農業生産合作社の言及

【合作社】より

…日本の協同組合にあたる中国の,労働者,農民あるいは住民が連合して組織した経済組織。合作社の主要形態には農業生産合作社,供銷(購買,販売)合作社,信用合作社,手工業生産合作社,運輸合作社などがある。旧中国においても,アメリカ系統,国民党,東北,華北における日本,そして解放区における共産党によって種々の合作社が存在したが,以下代表的な事例として新中国の農業生産合作社について述べる。…

【社会主義改造】より

…農業の協同化はこのためにとられた方法である。協同化は,互助組,土地の私有を基礎に土地を出資し統一経営を行う半社会主義的性質の初級農業生産合作社,土地と主要な生産手段を集団化した社会主義的性質の高級農業生産合作社の形態を経て,56年には農家戸数の96%が農業生産合作社に参加し,所有制の面での農業の社会主義改造は完成した。 手工業の社会主義改造も農業のそれとほぼ同じ方針に基づき,個人の単独経営の手工業を協同化を通して集団経済へと導くものである。…

※「農業生産合作社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android