農業社会主義連盟(読み)のうぎょうしゃかいしゅぎれんめい

世界大百科事典内の農業社会主義連盟の言及

【チェルノフ】より

…後進資本主義国の進化の特殊な類型という問題をはじめて提起した点は,同時代のレーニンと比して大きい功績である。1900年古参ナロードニキとともに農業社会主義連盟をつくり,01年のエス・エル党の結成に加わって,機関紙《革命ロシア》編集者となった。やがて彼の農民社会主義論は全党のものとなり,エス・エル党綱領に定式化される。…

※「農業社会主義連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android