コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆マスターキー・システム ぎゃくますたーきーしすてむ

世界大百科事典内の逆マスターキー・システムの言及

【鍵】より

…このため一つの鍵で多数の錠の施・解錠ができるようにしているのがふつうで,その鍵をマスターキーと呼ぶ。マスターキーのシステムには,それぞれ異なる錠を1本の鍵ですべて施・解錠できるマスターキー・システム,マスターキー・システムを備えた複数のグループの錠を別の1本の鍵で施・解錠できるグランドマスターキー・システム,集合住宅やオフィスビルなどの共通の出入口などに使用され,それぞれ異なる個々の鍵で特定の錠だけは施・解錠できるようにした逆マスターキー・システムなど,さまざまなものがある。
[システム錠]
 鍵を使用して解錠するかわりに錠の本体機構に電磁石を利用し,通電すると本締めボルトが引っ込む(またはノブが回せるようになる)電気錠,通電することにより扉枠側につく本締めボルトを受ける金物(ストライク部)が開き開扉できる電気ストライク錠などをシステム錠という。…

※「逆マスターキー・システム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone