コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸巌理秀 いつげん りしゅう

2件 の用語解説(逸巌理秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸巌理秀 いつげん-りしゅう

理秀女王(りしゅうじょおう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

逸巌理秀

没年:明和1.11.30(1764.12.22)
生年:享保10.11.1(1725.12.5)
江戸中期の臨済宗の尼。宝鏡寺の第23世。中御門天皇の第4皇女。母は清水谷実業の娘権典侍局石子。幼名嘉久宮。はじめ寿巌理長,のち逸巌理秀と改名。享保16(1731)年8月に宝鏡寺に入寺して喝食となり,同18年9月に得度して宝鏡寺と大慈院の住持を兼帯。元文5(1740)年3月紫衣を勅許されて景愛寺住持となった。諡号は照明院宮,没後,京都・真如寺に葬られた。<参考文献>洞院満季選『本朝皇胤紹運録』,『西山略縁起並歴代』,井之口有一他『尼門跡の言語生活の調査研究』

(岡佳子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逸巌理秀の関連キーワード翠岩承堅正韵拙堂元敬大龍宗丈大巓宗碩龍門宗禹活山玄旭華林恵厳義山理忠久巌理昌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone