コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理秀女王 りしゅうじょおう

美術人名辞典の解説

理秀女王

中御門天皇の第四皇女、御母は贈正三位清水谷石子。嘉久宮と称する。享保11年宝鏡寺理豊女王の付弟となり、入寺して喝食となり、のち得度、法諱を理長、のち理秀、法号を寿巌と称した。大慈院を兼帯し、元文5年紫衣を勅許される。明和元年(1764)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

理秀女王 りしゅうじょおう

1725-1764 江戸時代中期,中御門(なかみかど)天皇の第4皇女。
享保(きょうほう)10年11月5日生まれ。母は清水谷石子(いわこ)。理豊女王のもとで得度し,京都宝鏡寺23世となる。元文5年景愛寺住持となり,紫衣(しえ)をゆるされた。明和元年11月30日死去。40歳。浄照明院と追号された。幼称は嘉久(覚)宮。法名は寿巌理長,のち逸巌理秀

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

理秀女王 (りしゅうじょおう)

生年月日:1489年8月26日
戦国時代の女性。後土御門天皇の皇女
1532年没

理秀女王 (りしゅうにょおう)

生年月日:1725年11月1日
江戸時代中期の臨済宗の尼僧
1764年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

理秀女王の関連キーワード後土御門天皇中御門天皇生年月日臨済宗中御門

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android