コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過ホウ(硼)酸塩 かほうさんえん

世界大百科事典内の過ホウ(硼)酸塩の言及

【ペルオキソホウ酸(ペルオキソ硼酸)】より

…ホウ酸のホウ素と結合している酸素原子の代りにペルオキソO22-が配位した型の化合物の総称。過ホウ酸と誤称されることもある。遊離酸は得られていないが,アルカリ金属塩がいくつか知られている。代表的なものはNa[(HOO)B(OH)3]・2H2Oで,ホウ酸と過酸化ナトリウムとの反応,またはホウ酸ナトリウム溶液の電解酸化で合成される。これはNaBO3・4H2Oのように書かれることもある。脱水すると順に,NaBO3・3H2O,NaBO3・H2Oの組成となり,高温では分解して無水メタホウ酸ナトリウムNaBO2と変化してペルオキソ酸塩ではなくなる。…

※「過ホウ(硼)酸塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android