コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道正庵隆英 どうしょうあん りゅうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道正庵隆英 どうしょうあん-りゅうえい

道正(どうしょう)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

道正庵隆英

没年:宝治2.7.24(1248.8.14)
生年承安1(1171)
鎌倉前期の曹洞宗の僧。俗名隆英。父は京極顕盛,母は源仲家の娘。清水谷公定の養子となり,漢学に通じ,左近少将に至ったが,源平の乱で外祖父仲家が戦死したことから出家。貞応2(1223)年明庵栄西の弟子明全に従って道元,廓然,亮照らと共に宋に渡ったという。安貞1(1227)年帰国。5年間の滞在中に各地を歴訪して医薬を学び,その技術を伝えたことから僧医としても扱われるが,医史学上の業績は明らかでない。洛西の木下(京都市上京区)に隠居し,道正庵と称した。

(小曾戸洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

道正庵隆英の関連キーワード没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android