コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道正 どうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道正 どうしょう

1171-1248 鎌倉時代の僧。
承安(じょうあん)元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。藤原顕盛(あきもり)の子。清水谷公定(きんさだ)の養子。左近衛(さこんえの)少将だったが,源平の争乱の際出家し道元に師事。貞応(じょうおう)2年明全(みょうぜん),道元らと宋(そう)(中国)にわたり,天童山ほかを歴訪,また漢方医薬の製法をまなび帰国。京都に薬屋道正庵をひらいた。宝治(ほうじ)2年7月24日死去。78歳。俗名は隆英。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道正の関連キーワード株主資本等変動計算書企業結合会計金融商品会計退職給付会計永井芳之介祖国光復会副島 種臣中岡慎太郎税効果会計道正庵隆英公正価値包括利益岡崎正宗矢野玄道横山当永織田貞置藤原隆英政教社洗濯機相州物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道正の関連情報