遠心ミル(読み)えんしんみる

世界大百科事典内の遠心ミルの言及

【粉砕機】より

…しかし機構が複雑なため,その利用は実験室用試料粉砕装置などの特殊用途に限られている。図6-cに示した遠心ミルcentrifugal millは,構造上は振動ミルに近いが,粉砕機構上はむしろ遊星ミルの一種といえる粉砕機である。このミルは大規模粉砕を目標として開発されたもので,振動ミルよりは大きな振幅で,それだけゆっくりとした速度で粉砕容器を振動させる機構になっている。…

※「遠心ミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android