コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺骨崇拝 いこつすうはい

世界大百科事典内の遺骨崇拝の言及

【死】より

…死は単なる肉体の消滅を意味するのではなく,肉体から離れた霊の独自の働きを活性化するのだ,という観念が長いあいだ生き続けてきたのである。 最後に日本人における死の観念を特徴づけるものとして,遺骨崇拝をあげることができる。ヨーロッパにも聖人の遺骨に対する崇拝(聖遺物)がみられるが,日本では11~12世紀以降になって納骨慣習が広い階層のあいだに浸透し,その後の墓制や死者儀礼に甚大な影響を与えることになった。…

※「遺骨崇拝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

遺骨崇拝の関連キーワード納骨

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android