コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷村断層帯 ゴウムラダンソウタイ

デジタル大辞泉の解説

ごうむら‐だんそうたい〔ガウむら‐〕【郷村断層帯】

京都府北部にある断層帯。丹後半島北西沖合から京丹後市大宮町口まで、北西・南東方向に約33キロメートルにわたり、主に左横ずれを生じる。平均活動間隔は約1万年から1万5000年。昭和2年(1927)3月7日に起きた北丹後地震によって出現した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android