コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北丹後地震 キタタンゴジシン

デジタル大辞泉の解説

きたたんご‐じしん〔‐ヂシン〕【北丹後地震】

昭和2年(1927)3月7日、京都府北部の丹後半島に発生したマグニチュード7.3の地震。京都を中心に福井・岡山・大阪・兵庫・徳島・香川など、広範囲に被害を及ぼした。死者2925人。家屋全壊1万2584戸。また、この地震により、丹後半島の頸部(けいぶ)を切るような形で郷村断層が、これと直交する形で山田断層が出現した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北丹後地震

1927(昭和2)年3月7日午後6時27分、現在の京丹後市網野町郷を震源とし、同市峰山町や与謝野町を中心に襲った。マグニチュードは1995年の阪神大震災とほぼ同じ7・3と推定される。京丹後市の郷村断層(18キロ)と与謝野町の山田断層(7キロ)に沿って多くの建物が倒壊。夕飯支度の時間だったために火災も起き、京丹後市の旧峰山町では家屋のほとんどが全焼・全壊し、住民の4人に1人が亡くなったとされる。

(2012-02-11 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたたんごじしん【北丹後地震】

1927年(昭和2)3月7日、京都府北部に発生した地震。マグニチュード7.3、死者約三〇〇〇人、家屋倒壊約一二〇〇〇戸、焼失約九〇〇〇戸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北丹後地震
きたたんごじしん

1927年(昭和2)3月7日18時27分に京都府北西部の丹後半島に発生した地震。規模M7.5。この地震で郷村(ごうむら)、山田両断層が出現した。この断層沿いの町村で建物倒壊率が高かった。死者は全体で2925人。住宅の被害は家屋の全壊が1万2584戸で、京都府だけでも全壊が4899戸、半壊が4603戸であった。この地震は、地震研究所が設置されてまもないときに発生し、余震分布、地殻変動、断層調査など各種の近代的調査や研究が行われ、地震研究上一時期を画す地震となった。この地震の約2時間半前に、三津(みつ)、砂方(すながた)の沿岸が約1メートル隆起したという話もある。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北丹後地震の関連キーワード京丹後(市)郷村断層帯地震断層丹後地震網野焼失

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北丹後地震の関連情報