コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北丹後地震 キタタンゴジシン

4件 の用語解説(北丹後地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたたんご‐じしん〔‐ヂシン〕【北丹後地震】

昭和2年(1927)3月7日、京都府北部の丹後半島に発生したマグニチュード7.3の地震。京都を中心に福井・岡山・大阪・兵庫・徳島・香川など、広範囲に被害を及ぼした。死者2925人。家屋全壊1万2584戸。また、この地震により、丹後半島の頸部(けいぶ)を切るような形で郷村断層が、これと直交する形で山田断層が出現した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北丹後地震

1927(昭和2)年3月7日午後6時27分、現在の京丹後市網野町郷を震源とし、同市峰山町や与謝野町を中心に襲った。マグニチュードは1995年の阪神大震災とほぼ同じ7・3と推定される。京丹後市の郷村断層(18キロ)と与謝野町の山田断層(7キロ)に沿って多くの建物が倒壊。夕飯支度の時間だったために火災も起き、京丹後市の旧峰山町では家屋のほとんどが全焼・全壊し、住民の4人に1人が亡くなったとされる。

(2012-02-11 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きたたんごじしん【北丹後地震】

1927年(昭和2)3月7日、京都府北部に発生した地震。マグニチュード7.3、死者約三〇〇〇人、家屋倒壊約一二〇〇〇戸、焼失約九〇〇〇戸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北丹後地震
きたたんごじしん

1927年(昭和2)3月7日18時27分に京都府北西部の丹後半島に発生した地震。規模M7.5。この地震で郷村(ごうむら)、山田両断層が出現した。この断層沿いの町村で建物倒壊率が高かった。死者は全体で2925人。住宅の被害は家屋の全壊が1万2584戸で、京都府だけでも全壊が4899戸、半壊が4603戸であった。この地震は、地震研究所が設置されてまもないときに発生し、余震分布、地殻変動、断層調査など各種の近代的調査や研究が行われ、地震研究上一時期を画す地震となった。この地震の約2時間半前に、三津(みつ)、砂方(すながた)の沿岸が約1メートル隆起したという話もある。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北丹後地震の関連キーワード五夜四時ネット調査の方法両羽地震羽越線脱線事故多部制の定時制高校岩美駅空襲久留米競輪場阪神・別府航路ニュージーランド南部地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北丹後地震の関連情報