コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都三中 みやこ さんちゅう

朝日日本歴史人物事典の解説

都三中

没年:享保10頃(1725)
生年:生年不詳
江戸中期の一中節の太夫。都金太夫三中とも。初代都一中の娘婿か。上方の出身らしく,初代都一中と共に江戸へ下りそのワキを語っていたが,享保6(1721)年ごろから江戸にとどまり,江戸における一中節の普及に努めた。江戸の河東節との掛合曲「隅田川舟の内」を残している。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

都三中の関連キーワード都千中(初代)太田 郁郎対馬 忠行ちゅうみやこ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android