鄂隠様(読み)がくいんよう

世界大百科事典内の鄂隠様の言及

【鄂隠慧奯】より

…宗風,学芸ともにもっぱら絶海の遺芳を受け継ぎ,五山文壇で重きをなした。著作に詩集《南游稿》1巻があり,書にすぐれ鄂隠様といわれた。【今枝 愛真】。…

※「鄂隠様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報