重ね餅(読み)カサネモチ

デジタル大辞泉の解説

かさね‐もち【重ね餅】

大小二つ重ねにした餅。御供え。鏡餅。
相撲などで、双方が組み合ったまま、重なって倒れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android