コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡餅 かがみもち

6件 の用語解説(鏡餅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡餅
かがみもち

古来,金属製の鏡の形を連想して名づけられた丸く平たい餅。各地の祭礼の折にもつくるが,一般には正月用の飾り餅をいう。正月には歳神の霊威にふれて各自の霊を更新するため,家族ひとりひとりの霊をかたどった身祝いの餅を並べておくものであったが,これと,歳神への供物であった蓬莱 (お手かけともいう) とが合体し,三方に2重か3重の餅を飾り,だいだい,伊勢えび,昆布,干し柿,かちぐり,しいの実,裏白などを添え,床の間などに供えるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがみ‐もち【鏡餅】

平たく円形に作った餅。大小2個をひと重ねにし、正月や祝いのとき、神仏に供える。おそなえ。おかがみ。 新年》「―暗きところに割れて坐す/三鬼
[補説]三方の上に四方紅(しほうべに)(または奉書紙)を敷き、その上に餅を置いて、譲葉(ゆずりは)、昆布(こぶ)、裏白(うらじろ)、海老、御幣(ごへい)橙(だいだい)などを飾る。
四方紅:天地四方を拝して災いを払い、一年の繁栄を祈願する。
譲葉:新葉が出てから古い葉が落ちるので、新旧相ゆずる(家系がつながる)という縁起を祝う。
昆布:よろこぶ(喜ぶ)との語呂合わせという。
裏白:長寿を祈願する、久しく栄える、裏表がないなどの意味があるとされる。
海老:腰が曲がるまで長寿であることを願う。
御幣:四方に大きく手を広げ、繁盛することを願うとされる。
橙:実が木についたまま年を越すところから「代々」に掛けて縁起を祝う

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鏡餅【かがみもち】

正月,神棚や年神(としがみ)の棚に供える大きな丸い餅。大小の餅を重ねる。神仏に餅を供えることは古く《延喜式》にも見えるが,鏡餅が一般に普及したのは室町時代からという。
→関連項目氷餅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かがみもち【鏡餅】

正月・祭礼・祝い事などの際に神仏に供える平たく丸めた餅(もち)で、多くの場合、大小2つを重ねる。一般に、正月に年神(としがみ)に供えるものをいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かがみもち【鏡餅】

主として正月に神棚や床の間などに据える神供としての大きな丸餅。大小を一重ねとし,半紙を敷いたり三方に載せたりして供え,ダイダイ,干し柿,ウラジロ,昆布など山海のものを添えることが多い。鏡はもと円盤状をなしていたので,名称はそれに由来するといわれている。下げる日は4日,7日,11日,1月晦日(みそか),その他と一定していないが,その日を鏡あげ・鏡開きなどといい,下げた鏡餅を入れて雑煮や汁粉を作って食べ祝う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏡餅
かがみもち

正月用のお供え餅。昔の金属鏡から連想した、丸く平たい形の餅で、祭礼などの供物にも用いられるが、正月に歳神(年神)(としがみ)に供えるものをいうのが一般的である。年の境にあたり、家族各人の霊魂をかたどった餅を捧(ささ)げ、霊の更新を図るのが古意で、身祝いの餅はその伝統をとどめている。三方(さんぼう)にのせ、重ね餅にして飾りたてるのは、蓬莱(ほうらい)(お手掛け、食積(くいつみ)ともいう)の形と合体したためである。普通2個を重ねるが、3個の所もあり、それにダイダイ、イセエビ、干し柿(がき)、昆布、ウラジロなどを添える。1月11日の鏡開きに家人が食べ、あるいは6月1日まで残しておいて歯固めにする例も多い。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鏡餅の言及

【正月】より

…正月の食物の代表は餅である。歳神には鏡餅を供える。平安時代,宮中では,譲葉(ゆずりは),大根,押鮎(おしあゆ),橘(たちばな)をのせて鏡餅を供えたが,天皇には〈歯固め〉といって,三が日の朝,鏡餅,大根,魚,鹿や猪の肉(代用は雉(きじ)の肉)などを盛った膳を供えた。…

※「鏡餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鏡餅の関連キーワード蚕箔重ね餅黍団子子鶴の子餅鳥の子餅海鼠餅菱餅円作りププサ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鏡餅の関連情報