コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重吉 じゅうきち

朝日日本歴史人物事典の解説

重吉

没年:嘉永6.1.2(1853.2.9)
生年:寛政5(1793)
近世尾張の漂流民。佐久島出身,半田に居住。名古屋の廻船督乗丸の船頭として文化10(1813)年に江戸からの帰航途中で漂流,統率力を発揮して世界最長484日の海上漂流に耐え,カリフォルニア沖でイギリス船フォレスタ号に救助される。シトカ,カムチャツカを経て,3年後の同13年,ロシア船で千島列島に送られ,翌年,帰郷した。国学者・池田寛親に語った『船長日記』に経験が活写されている。ロシアの器物の展示で資金を得て乗組員の供養塔を建てた。また『露西亜国衣類器物披露由来書』をつくり,わが国最初の和露単語集ともいえる『ヲロシヤノ言』をつくり売った。<参考文献>『船長日記』(『日本庶民生活史料集成』5巻),川合彦充『督乗丸の漂流』

(春名徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の重吉の言及

【船長日記】より

…池田寛親編。名古屋の督乗丸(乗組員14名)が1813年(文化10)江戸から帰航中遭難,漂流16ヵ月後,生存者3名が北アメリカ大陸の南西洋上でイギリス船に救助され,以後カナダ,アラスカを経てカムチャツカに至り,ロシア船に送られてウルップ島に上陸,船頭重吉ら2名が択捉(えとろふ)島,国後(くなしり)島を経て17年故郷に帰着するまでの苦難の体験と見聞を記録したもの。鎖国下の海外見聞録,記録文学として貴重な資料である。…

※「重吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重吉の関連キーワード病妻物語 あやに愛しきわが生涯のかがやける日何が彼女をそうさせたか何が彼女をさうさせたかわが魂は輝く水なり倖せは俺等のねがい東京都町田市相原町加藤重吉(2代)悲しみは女だけに乳房を抱く娘たち自分の穴の中で陽のあたる坂道愛と死の谷間竹本大隅太夫四人目の淑女虹を抱く処女こころの山脈嵐を呼ぶ男貧しき信徒西陣の姉妹

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重吉の関連情報