コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗重吉 おぐり じゅうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗重吉 おぐり-じゅうきち

1784/85-1853 江戸時代後期の漂流民。
天明4/5年生まれ。文化10年督乗丸の船頭として江戸から尾張(おわり)(愛知県)へもどる途中,遠州灘(なだ)で遭難。16ヵ月漂流し,南米沖でイギリス船に救出される。メキシコ,アラスカ,カムチャツカをへて,14年帰郷。池田寛親(ひろちか)著「船長(ふなおさ)日記」は重吉の経験談である。著作に日本最初のロシア語辞典「ヲロシヤノ言」。嘉永(かえい)6年1月2日死去。69/70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小栗重吉の関連キーワード徳川家慶ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロブレー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android