重詰(め)(読み)ジュウヅメ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐づめ〔ヂユウ‐〕【重詰(め)】

重箱に料理などを詰めること。また、詰めた料理。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐づめ ヂュウ‥【重詰】

〘名〙 重箱に料理などを詰めること。また、重箱に詰めた料理。《・新年》 〔料理早指南(1801‐04)〕
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「弁当に酒さかななど重詰(ヂュウヅメ)にして出し、招いた人達の間を斡旋した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重詰(め)の言及

【おせち料理(御節料理)】より

…また,節日のうち最も重要なのが正月であることから,正月料理をさすようになり,さらにその中の祝肴(しゆこう)その他の組重(くみじゆう)の物をいうことが多くなった。組重は重詰料理のことである。文化年間(1804‐18)に屋代弘賢が全国各地に質問状を出して民俗を問い合わせた《諸国風俗問状》に〈組重の事,数の子田作(ごまめ)たたき牛房煮豆等通例,其外何様の品候哉〉という質問があり,当時すでに子孫繁栄,豊作,健康(まめ)を意味するめでたい食品として,かずのこ,ごまめ,黒豆を基本的な祝肴とする風習が全国的であったことをうかがわせる。…

※「重詰(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android